勤怠管理システムでWEB上でシフト管理ができる

MENU

WEB上の勤怠管理で時間を有効活用

勤怠管理システムでWEB上でシフト管理ができる 私が勤現在めている会社では、企業向けのイントラネットを使用し、その中で従業員の勤怠管理をWEB上で行っています。いまだに勤怠管理を紙の媒体などを使用して行っている企業は多く存在すると思いますが、その方法を切り替えるだけで、さまざまなメリットが生まれます。ここではそのメリットを一部紹介していきたいと思います。

私が学生の頃にアルバイトをしていた企業では、紙のタイムカードを専用の機械に差し込み、出勤時間と退勤時間を印字して勤怠管理をしていました。給与計算の際には、社員が電卓で月の労働時間を計算し、給与の算出を行っていました。そして、そのタイムカードをコピーして、アルバイトのスタッフに、給与明細とともに配っていました。この方法では、給与を計算する時間と、タイムカードを購入するコストと、毎月時間とお金が消費されてしまい、無駄が多いですよね。この勤怠管理にWEBを導入するとどのようなメリットが生まれるでしょうか。

WEB上で管理することにより、給与計算や出勤時間・退勤時間の管理・修正が容易になり、それにかかる時間が短縮できます。また紙の媒体を使わないことによって、それにかかるコストも削減することができます。また、過去の勤怠状況を管理し、閲覧することによって、企業全体のコストの削減を図ることも可能でしょう。WEB上で勤怠管理をすることによって、時間やコストを大幅に削減し、業務を円滑に進めることが可能になるでしょう。

Recommend