勤怠管理システムでWEB上でシフト管理ができる

MENU

WEBの勤怠管理システムについて

勤怠管理システムでWEB上でシフト管理ができる 私の会社では、2年ほど前からWEBでの勤怠管理システムが導入されました。社員は出社するとまずパソコンを開き、会社のポータルサイトにアクセスし、勤怠管理システムにログインします。ログイン後、打刻ボタンをクリックし、自分が何時に出社したかをWEB上で記録します。そして帰社する際にも、社内のポータルサイトにアクセスし、今度は退勤ボタンをクリックします。これを一か月続けることにより、会社の社員が何時に出社して、何時に帰ったかを記録することができます。私の会社は東証一部上場していることもあり、最近では社員の労働時間と、それに対する残業代についてもシビアになってきました。社員の労働形態を明確にするために、総務人事部の計らいにより、WEB上の勤怠管理システムが導入されるようになりました。勤怠管理システムが導入されることにより、社員は少しでも早く会社から帰るようにと作業の効率化につながるようになりました。

仕事が終わらず、あまりにも社員が残業していると、本社の総務人事部から所属長に連絡がいくようになっており、社員も仕事も時間内に終わらせるように必死に業務時間の仕事をこなすようになったのが、わかります。私は営業職なので、出張やお客さんとの接待で、最終的に仕事が終わる時間は遅くなる時はありますが、本社は内勤に対して、外勤に対して寛容的で、外勤は同じ仕事でも付き合いの部分があるため、特に指摘は入らない状況です。

Recommend